── PR ──
 「ATLAS 翻訳スタンダード V14.0」 ¥68,844
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B000ZKGD6K/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「通訳翻訳ジャーナル 2017年7月号」 ¥1,188
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0716BFNK8/aptra-22/ref=nosim
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.298  2017.07.21   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は、会話にも使えそうな比較的短い日常英文です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

The appearance of the town had changed so completely that we could
only wander about at random.

【目標訳】

町の様子がすっかり変わっていたので、私たちは右往左往するだけでした。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(F社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「町の外観が非常に完全に変化したので、私たちはおよそ無作為に
歩き回ることができただけです。」


∇∇∇

今回は、ユーザー辞書に登録するほどの訳語の問題はなさそうなので、
ユーザー辞書によるチューニングは行いませんでした。


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてみてください。

http://www.aptransways.net/APF.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「町の外観がすっかり変わっていたので、私たちは右往左往するだけ
でした。」

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「町の様子がすっかり変わっていたので、私たちは右往左往するだけ
でした。」

今回の例文は、中学校ぐらいの英語の授業で習う「so ~ that 構文」に
なっていて、基本的には "so A that B" で、
「○○はとてもAなので、××はBだ」という構造に近い訳文になる
はずです。


今回使用したF社製の翻訳ソフトはこの構文を正しく解釈できているので
いいのですが、この「so ~ that 構文」をうまく訳せない翻訳ソフトが
意外に多くて驚きます。


試しに、今回の例文を「Google翻訳」や
「Microsoft Translator(Bing 翻訳)」で和訳させてみたところ、
「Google翻訳」はうまく構文解釈できていますが、
「Microsoft Translator」ではうまく訳せませんでした。


構文解釈の問題以外では、単語単位での直訳による不自然な日本語表現が
目立ちます。たとえば、「非常に完全に変化した」とか
「およそ無作為に歩き回る」などです。

そのような、日本語としてまず使われることのない表現を、
リライトツールによってより自然な日本語表現に書き換えています。
つまり、「非常に完全に変化した」→「すっかり変わっていた」、
「およそ無作為に歩き回る」→「右往左往する」のように自動リライト
しているわけです。

--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。
--------------------------------------------
(注) 高額な翻訳ソフトが装備する翻訳メモリー機能(ファジーマッチ
機能)や、変数指定型例文登録機能(パターンマッチ機能)などを使用し
て翻訳結果をチューニングする方法もありますが、このメールマガジン
では、あくまでも翻訳エンジンとユーザー辞書を使用した翻訳方法に限定
した場合に、どこまでできるかをテーマとしたいと思います。
--------------------------------------------


□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

昨年の 12 月頃から、このメルマガの配信頻度がかなり不規則になって
います。

昨年までの約 10 年間はほぼ 2 週間に 1 回の配信頻度を維持して
いましたが、今年になってからは月に 1 回ぐらいの配信ペースになって
しまっています。

その原因は、昨年 10 月下旬頃に筆者の仕事の環境が変化してメルマガや
サイト更新に使える時間が激減したたためですが、この状況はもう
しばらく続きそうです。

今後も、できれば 2~3 週間に 1 回の配信頻度になるように努力したいと
思いますし、できるだけ平日に配信したいと思ってはいますが、
やむを得ず週末や祝日の配信になることもあるかもしれません。
ご理解いただけましたら幸いです。


次回は、8 月上旬から中旬の間のどこかで配信する予定です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.298
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「本格翻訳9 ダウンロード版」 ¥2,298
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01DBK86MY/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「翻訳事典2018年度版」 ¥1,728
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4757428642/aptra-22/ref=nosim
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.297  2017.06.14   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は、人工知能 (AI) とディープラーニング技術を活用した
翻訳アプリがまた 1 つ増えたことを伝えた報道記事の一部です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

There's a choice of translation apps these days. Now, IT giants
are targeting Japanese. They're breaching the linguistic barrier
by using artificial intelligence as well as deep learning
technology. --- NHK World 2017/04/17

【目標訳】

最近は翻訳アプリの選択肢が増えてきている。IT大手が今、日本語対応に
照準を合わせているからだ。各社とも、人工知能とディープラーニング
技術を使って言葉の壁を打ち破ろうとしている。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(N社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「最近は翻訳アプリの選択があります。さて、IT巨人は日本人を
ターゲットとしています。彼らは、深い学習テクノロジーと同様に
人工知能を使って言語の障壁を破っています。」


∇∇∇

訳語の問題を解消するために、以下の単語をユーザー辞書に登録します。

IT giant         (名詞)  IT大手
target          (動詞)  (~に)照準を合わせる
linguistic barrier    (名詞)  言葉の壁
deep learning technology (名詞)  ディープラーニング技術

ユーザー辞書への単語登録により、翻訳結果が次のように変化します。


【ユーザー辞書登録後の翻訳結果】

「最近は翻訳アプリの選択があります。さて、IT大手は日本人を
(~に)照準を合わせています。彼らは、ディープラーニング技術と
同様に人工知能を使って言葉の壁を破っています。」


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてみてください。

http://www.aptransways.net/APN.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「最近は翻訳アプリの選択肢が増えてきている。さて、IT大手は今、
日本人(日本語)に照準を合わせている。彼らは、人工知能とディープ
ラーニング技術を使って言葉の壁を打ち破ろうとしている。」

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「最近は翻訳アプリの選択肢が増えてきている。IT大手が今、日本語対応に
照準を合わせているからだ。各社とも、人工知能とディープラーニング
技術を使って言葉の壁を打ち破ろうとしている。」

この例文は、昨年 11 月の Google翻訳に続いて Microsoft社も 4 月に
自社の翻訳エンジン Microsoft Translator(Bing翻訳)の翻訳手法を、
人工知能 (AI) 技術採用の「ニューラル機械翻訳」に変更したことを
伝えた記事の先頭部分です。

例文の翻訳に使用した翻訳ソフトは従来の「ルールベースの機械翻訳」を
採用したN社製翻訳ソフト(本格翻訳9)なので、直訳調の訳出文に
なっています。

たとえば第 2 文の "Japanese" はこの例文では「日本人」ではなく
「日本語」が適訳語になるわけですが、新しい「ニューラル機械翻訳」では
こうした適訳語の選択でも威力が発揮されるのではないかと期待したの
ですが、Google翻訳では「日本人」の方が訳出されました(Microsoft
Translatorの方は「日本語」で訳出)。


参考訳として、Google翻訳と Microsoft Translator の訳出文を以下に
引用しておきます。

<Google 翻訳 201705> 最近翻訳アプリの選択肢があります。今、
IT巨人は日本人をターゲットにしています。彼らは人工知能と深い学習
技術を使って言語的障壁に違反しています。

<Microsoft Translator 201705> これらの日の翻訳アプリの選択があり
ます。今、it の巨人は日本語を狙っている。彼らは、人工知能だけで
なく、深い学習技術を使用して、言語の障壁に違反している。


動詞 "breach" の訳語選択にも問題がありそうです。人工知能 (AI) 技術を
採用した「ニューラル機械翻訳」といえども、やはりまだまだ機械翻訳に
過ぎないわけで、人間のような翻訳ができるレベルではなさそうです。

今後の精度向上に期待したいところです。

--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。

□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

前回のメルマガ No.296 の編集後記にも書きましたが、機械翻訳の
業界では今、翻訳エンジンの翻訳アルゴリズムが従来の「ルールベースの
機械翻訳」や「統計ベースの機械翻訳(統計的機械翻訳)」から、人工
知能 (AI) 技術を採用した「ニューラル機械翻訳」に移行しようとして
いるようです。

市販の翻訳ソフト(パッケージ製品)でも、今後は「ニューラル機械翻訳」
方式の製品が発売されるという情報を見かけたことがあります。


これまで「ルールベースの機械翻訳」限定で対応してきたこのメルマガや
筆者のサイト(http://www.aptransways.net/)でも、今後は
「ニューラル機械翻訳」方式への対応が必要になってくるだろうと考え
始めています。

昨年 11 月にこの新しい翻訳アルゴリズムが登場してきた当初は、
そろそろこのメルマガもお役御免になる日が近づいてきたかと思ったりも
しましたが、Google 翻訳の翻訳結果を見ていると、まだまだ問題山積だと
感じてしまいます。


どんな形になるかはまだわかりませんが、「ニューラル機械翻訳」方式の
進化を見守りながら、このメルマガや筆者のサイトにも業界トレンドに
応じた機能変更を加えてゆきたいと思っています。


次回は、6 月下旬から 7 月上旬の間のどこかで配信する予定です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.297
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「The翻訳プロフェッショナル V15」 ¥45,777
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B005IHLNGK/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「産業翻訳パーフェクトガイド (イカロス・ムック)」 ¥1,944
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4802203241/aptra-22/ref=nosim
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.296  2017.04.28   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は IT 関係の技術文で、コンピューターのマニュアルなどで
見かけそうな例文です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

The loosely-coupled multiprocessor systems architecture permits
two or more host processors to communicate with each other and to
share access to a pool of peripherals.


【目標訳】

疎結合マルチプロセッサシステムのアーキテクチャでは、2台以上の
ホストプロセッサが相互に通信し、周辺装置のプールへのアクセスを
共有することができます。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(T社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「柔軟結合マルチプロセッサ・システム・アーキテクチャーは、2つ以上の
ホスト処理装置が互いと通信し、周辺装置のプールへのアクセスを
共有することを可能にします。」


∇∇∇

訳語の問題を解消するために、以下の単語または複合語を
ユーザー辞書に登録します。

loosely-coupled (形容詞) 疎結合
host processor  (名詞)  ホストプロセッサ

ユーザー辞書への単語登録により、翻訳結果が次のように変化します。


【ユーザー辞書登録後の翻訳結果】

「疎結合マルチプロセッサ・システム・アーキテクチャーは、2台以上の
ホストプロセッサが互いと通信し、周辺装置のプールへのアクセスを
共有することを可能にします。」


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてください。

http://www.aptransways.net/APT.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「疎結合マルチプロセッサ・システム・アーキテクチャーでは(疎結合
マルチプロセッサ・システム・アーキテクチャーにより)、2台以上の
ホストプロセッサが相互に通信し、周辺装置のプールへのアクセスを
共有することができます。」

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「疎結合マルチプロセッサシステムのアーキテクチャでは、2台以上の
ホストプロセッサが相互に通信し、周辺装置のプールへのアクセスを
共有することができます。」

このメルマガの過去の配信号でも何回か取り上げましたが、この構文は
「無生物主語 permits 目的語 to V」のような構造になっていて、
技術文に限らず英語ではよく使われる構文になっています。

この permit と同じような使い方をする動詞に、他にも、enable、allow、
let などがあり、マニュアルなどの技術文書でもかなり頻繁に見かけます。


無生物主語で始まる英文はそのまま直訳してもまともな日本語にならない
ことがほとんどで、そのような英文を日本語に翻訳するときは、多少の
意訳をして日本語をわかりやすくする工夫が必要になります。

ここでは、英文で目的語に相当する部分を日本語の主語に変更して
訳文としていますが、そうした書き換え作業を訳出文リライトツール
によって自動リライトしています。

--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。
--------------------------------------------
(注) 高額な翻訳ソフトが装備する翻訳メモリー機能(ファジーマッチ
機能)や、変数指定型例文登録機能(パターンマッチ機能)などを使用し
て翻訳結果をチューニングする方法もありますが、このメールマガジン
では、あくまでも翻訳エンジンとユーザー辞書を使用した翻訳方法に限定
した場合に、どこまでできるかをテーマとしたいと思います。
--------------------------------------------

【翻訳ソフトを持っていない方は......】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今現在、手元に翻訳ソフトを持っていない方は、次の方法を試してみて
ください。

(1) 今回の例文を、以下の無料翻訳サイトで日本語に翻訳させる。

・Fresh eye 翻訳
http://www.fresheye.com/translate/


(2) 翻訳結果(日本語)を、以下のページで自動リライトする。

・T社製翻訳ソフト対応リライトツール(Tバージョン)
http://www.aptransways.net/APT.htm


辞書のチューニングができない分、翻訳結果に問題が残りますが、それで
も少しは翻訳結果が改善するのを確認できると思います。

□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

今月(4月)中旬頃、機械翻訳に関する新しいニュースが 2 つ飛び込んで
きました。

まず 1 つ目、
昨年 11 月の Google翻訳に続き、Microsoft社も自社の
翻訳エンジン Microsoft Translator(Bing翻訳)の翻訳手法を
「統計ベースの機械翻訳(統計的機械翻訳)」から
「ニューラル機械翻訳」に変更したようです。

そして 2 つ目、
上記の発表から 3 日後、「ルールベースの機械翻訳」を
採用していた「Yahoo!翻訳」が 6 月 29 日にサービス終了となることが
発表されました。


やはりこれが機械翻訳業界の新たなトレンドなのでしょう。今後のメイン
ストリームになると思われる「ニューラル機械翻訳」では、翻訳精度が
大幅に向上したと言われていますが、本当にそうでしょうか?。

確かに意味不明な翻訳結果が激減して、原文の真意を推測・理解しやすく
なったように見えます。

ですが、「Google ニューラル機械翻訳」の翻訳結果を見ていると、
とんでもない誤訳を見つけることがまだあります。先日も、否定と肯定が
正訳とは逆になっているような事例を見かけました。その前後の文が
そこそこ自然な日本語になっていたりすると、誤訳があることに
気づかないまま読み進めてしまう危険性が以前よりも高くなったように
感じます。

以前なら直訳調の訳出文だったので、人間によるチェックと修正が
不可欠であることは一目瞭然だったのですが、「ニューラル機械翻訳」
では一見まともに見える自然な訳出文の中に誤訳が埋もれるという状況が
増えるような気がします。

見た目には翻訳精度が向上したように見えるとしても、まだまだ疑って
かかる必要がありそうです。


次回は、5 月中旬から下旬の間のどこかで配信する予定です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.296
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「翻訳ピカイチ V15 for Windows」 ¥25,283
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01KUAIBO6/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「クラウド翻訳ツール YarakuZen(無料プランあります!)」
http://www.aptransways.net/sc/s/TrJsA/
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.295  2017.03.30   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は、宅配便最大手のヤマト運輸が従来の宅配サービスの内容を
抜本的に見直す方針を固めたことを伝えた報道記事の一部です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

DEMAND FORCES CHANGES AT YAMATO

Japan's largest package delivery firm, Yamato Transport, is
preparing to make some big changes in the fiscal year ahead.
Executives say the new approach will address problems caused by a
surge in demand, which has led to a shortage of drivers.
--- NHK World 2017/02/28


【目標訳】

ヤマト運輸、需要急増で方針変更

日本最大の宅配便会社のヤマト運輸は、来年度の業務に多少大きな変更を
加える準備をしている。同社の経営陣は、この新しい取り組みでは需要の
急増とそれに伴うドライバーの不足が引き起こす問題に対処すると
語っている。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(C社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「DEMAND FORCES CHANGES AT YAMATO
日本の最大手のパッケージの配送会社(ヤマト運輸)は、前に会計年度の
若干の大きい変化をもたらす準備をしています。経営陣は新しい
アプローチが需要で波に起因する問題に対処すると言います。そして、
それはドライバーの不足に至りました。」


∇∇∇

まずは訳語の問題を解消するために、以下の単語(複合語)を
ユーザー辞書に登録します。

package delivery firm (名詞)  宅配便会社
surge in demand    (名詞)  需要の急増

ユーザー辞書への単語登録により、翻訳結果が次のように変化します。


【ユーザー辞書登録後の翻訳結果】

「需要は、大和で変化を強制します
日本の最大の宅配便会社(ヤマト運輸)は、前に会計年度の若干の大きい
変化をもたらす準備をしています。経営陣は新しいアプローチが需要の
急増に起因する問題に対処すると言います。そして、それはドライバーの
不足に至りました。」


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてください。

http://www.aptransways.net/APC.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「需要は、大和で(の)変化を強制する
日本最大の宅配便会社(ヤマト運輸)は、来年度の(来年度に)多少
大きな変更を加える準備をしている。経営陣は新しい取り組みが需要の
急増とそれに伴うドライバーの不足が引き起こす問題に対処(対応)すると
語っている。」(である調/だする調の場合)

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「ヤマト運輸、需要急増で方針変更
日本最大の宅配便会社のヤマト運輸は、来年度の業務に多少大きな変更を
加える準備をしている。同社の経営陣は、この新しい取り組みでは需要の
急増とそれに伴うドライバーの不足が引き起こす問題に対処すると
語っている。」

今回の例文の訳出文がわかりにくくなっている原因は、第一に訳語の
問題があり、第二に最後の文での係り受け解釈上のミス(誤訳)が
あります。"which" 以降を別の文として訳出してしまうことに問題が
あります。

訳語の問題についてはユーザー辞書登録と訳出文リライトツールにより
解消し、係り受けの解釈ミスについても、リライトツールにより
自動修正するように設定しました。


あと、見出しが訳せるようになったのは単語登録の影響ではなく、すべて
大文字の文字列でも翻訳可能にする設定に変更したためです。

いずれにしても見出しは手動での手直しが必要になるケースがほとんど
なので、翻訳可能になってもそのまま使える訳出文はほとんどないと
言えます。

--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。

【翻訳ソフトを持っていない方は......】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今現在、手元に翻訳ソフトを持っていない方は、次の方法を試してみて
ください。

(1) 今回の例文を、以下の無料翻訳サイトで日本語に翻訳させる。

・Yahoo! 翻訳 (by Cross Language)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

・Infoseek マルチ翻訳 (Powered by Cross Language)
http://translation.infoseek.co.jp/


(2) 翻訳結果(日本語)を、以下のページで自動リライトする。

・C社製翻訳ソフト対応リライトツール(Cバージョン)
http://www.aptransways.net/APC.htm


辞書のチューニングができない分、翻訳結果に問題が残りますが、それで
も少しは翻訳結果が改善するのを確認できると思います。

□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

ヤマト運輸による来年度サービス内容の見直しには、利用者が指定できる
配達時間帯の縮小が含まれるようです。

具体的には、需要が比較的少ない正午から午後2時までの時間帯指定が
廃止されるとか、最終時間帯の配達終了時間がこれまでよりも早くなる
可能性があるようです。

また、大口の取引先(Amazon など)と料金の値上げ交渉が行われて
いるようなので、Amazon 利用時の送料にも今後は影響が出るかも
しれません???。


次回は、4 月中旬から下旬の間のどこかで配信する予定です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.295
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「コリャ英和!一発翻訳 2017 for Win」 ¥5,040
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01FKP78E0/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「クラウド翻訳ツール YarakuZen(無料プランあります!)」
http://www.aptransways.net/sc/s/TrJsA/
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.294  2017.02.15   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は、会話にも使えそうな比較的短い日常英文です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

The incessant flow of customers in and out of the shop left me
exhausted today.


【目標訳】

今日は顧客が入れ代わり立ち代わり店に出入りしていたので、私は
すっかり疲れ果ててしまいました。
 (または)
今日は顧客が入れ代わり立ち代わり来店したので、すっかり疲れ果てて
しまいました。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(L社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「店のそしてからの顧客の不断の流れは今日私を疲れ切ったままにして
おきました。」


∇∇∇

訳語の問題を解消するために、以下の単語または複合語を
ユーザー辞書に登録します。

incessant flow (名詞)  絶え間のない流れ

ユーザー辞書への単語登録により、翻訳結果が次のように変化します。


【ユーザー辞書登録後の翻訳結果】

「店のそしてからの顧客の絶え間のない流れは今日私を疲れ切ったままに
しておきました。」


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてください。

http://www.aptransways.net/APL.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「今日は店に出入りする顧客の絶え間のない流れにより私はすっかり疲れ
果ててしまいました。」

日本語としてはまだ少し不自然ですが、少なくとも意味を理解する上では
一気にわかりやすくなったので、最後にこのリライト結果を自分の手で
再修正します。


∇∇∇ 修正例

「今日は顧客が入れ代わり立ち代わり店に出入りしていたので、私は
すっかり疲れ果ててしまいました。」

または

「今日は顧客が入れ代わり立ち代わり来店したので、すっかり疲れ果てて
しまいました。」

この例文は翻訳ソフトで直訳してもなかなかわかりやすい訳出文になら
ないのですが、それは、「ちょっと長めの無生物主語 left 人 exhausted」
という、とても英語らしい構造になっているからです。

見た目は日本語になっても文構造が英語のままなので、日本語として
普通に使える状態にはなりません。


そこで、訳出文リライトツールでは日本語での主語を人間(この例文では
「私」)に変更することで、より日本語らしい文構造に変更しています。

この例文のような構文パターンは英語ではかなり頻繁に使用されるので、
日本語に翻訳するときは要注意です。日本語らしい文構造に変更しないと
わかりやすい訳文にはなりません。


あと、自動リライト結果の中の「店に出入りする顧客の絶え間のない流れ」
というちょっと長めの名詞句ですが、意味は伝わるとしてもまだまだ元の
英語の影響が残っています。

こういうちょっと長めの名詞句は英語ならではの特徴であり、直訳しても
日本語では不自然なフレーズになることが多いので、「顧客が入れ代わり
立ち代わり来店した」のようにフレーズ内の構造を連体形から連用形に
変更するとわかりやすくなったりします。

--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。
--------------------------------------------
(注) 高額な翻訳ソフトが装備する翻訳メモリー機能(ファジーマッチ
機能)や、変数指定型例文登録機能(パターンマッチ機能)などを使用し
て翻訳結果をチューニングする方法もありますが、このメールマガジン
では、あくまでも翻訳エンジンとユーザー辞書を使用した翻訳方法に限定
した場合に、どこまでできるかをテーマとしたいと思います。
--------------------------------------------


□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

このメルマガでは、既に数十年の歴史と実績がある「ルールベースの機械
翻訳」を研究テーマにしているので、メルマガの中で Google翻訳を試す
機会があまり多くありません。

Google翻訳は、昨年まで「統計ベースの機械翻訳(統計的機械翻訳)」
という翻訳手法を採用していましたが、昨年 11 月に、AI 技術を導入した
「ニューラル機械翻訳」という新しい翻訳手法に切り替わったようです。

この新しい翻訳手法に切り替わって以降、筆者も時々いくつかの例文を
Google翻訳に翻訳させてその精度をチェックしているのですが、やはり
以前の Google翻訳と比較して翻訳精度が格段に向上しているように見え
ます。これまではまったく使い物にならないツールだったのが、突然、
頼りになる翻訳アシスタントに変貌した感があります。


「Google ニューラル機械翻訳」に対する筆者の最近の個人的感想を、
以下に列挙してみます。

(1) 意味不明な翻訳結果が激減して、原文の真意を推測・理解しやすく
なった。

(2) 特に理科系や技術系の論理的な文章の翻訳では実用レベルに
近づきつつあるように見える。文科系の文章でも以前よりは大幅に
改善しているのでは...。

(3) ルールベースの機械翻訳ソフトまたは統計ベースの機械翻訳ソフトを
販売している日本の翻訳ソフトメーカーにとっては大きな脅威になると
思われる。何らかの対抗策が必要になるのでは?(← 競合可能な AI 技術
の導入など)。

(4) 英日翻訳(和訳)では、自然な日本語からほど遠い直訳調の訳出文に
なることも相変わらず多い。やはり機械翻訳に過ぎないと感じる翻訳例も
多々見かける。 → 見た目には意味の通じる一見まともな日本語が出力
されるが、それが自然な日本語ではないケースがまだまだ多いので、
そのまま使ってしまうのは危険。あくまでも情報収集のためのツールとして
使用し、訳出文を再利用する場合はまだ人間によるリライトが不可欠。


人間の翻訳者ならではのメリットである「意訳」をどこまでできるように
なるのか、今後も注視していく予定ですが、面白そうな翻訳事例を
見つけたらこのメルマガでも話題にしてみようと思います。


次回は、3 月上旬から中旬の間のどこかで配信する予定です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.294
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「ATLAS 翻訳スタンダード V14.0」 ¥57,522
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B000ZKGD6K/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「クラウド翻訳ツール YarakuZen(無料プランあります!)」
http://www.aptransways.net/sc/s/TrJsA/
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.293  2017.01.18   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


遅くなりましたが、今年 1 回目の配信です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


今回の例文は、静止しているオートバイがスタンドなしでも自分で
バランスをとって横倒しにならないようにする技術を本田技研工業が
発表したという報道記事の一部です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

Honda Riding Assist

In a global debut at CES, Honda unveiled its Riding Assist
technology, which leverages Honda's robotics technology to create
a self-balancing motorcycle that greatly reduces the possibility
of falling over while the motorcycle is at rest.
--- www.youtube.com 2017/01/05


【目標訳】

ホンダのRiding Assist技術

ホンダは、Riding Assistという技術をCESの世界デビューで発表した。
この技術にはホンダのロボット技術を活用しており、オートバイが
静止している間でも倒れる可能性を大幅に低減する、自動バランス制御型
のオートバイの開発・製造が可能になる。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(F社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「投げ縄の一端に作った丸い輪乗るアシスト
CESの世界デビューでは、ホンダはRiding Assist技術を公開しました。
(それは、オートバイが静止している間、倒れる可能性を大いに減少させる
自己のバランスをとるオートバイを作成するホンダのロボット工学技術に
投機します)。」


∇∇∇

訳語の問題を解消するために、以下の単語または複合語を
ユーザー辞書に登録します。

Honda        (名詞)  ホンダ
unveil        (動詞)  発表する
                (↑ 訳出文悪化のため取り消し)
leverage       (動詞)  活用する (←学習機能を使用)
robotics technology (名詞)  ロボット技術
self-balancing    (形容詞) 自動バランス制御型の

ユーザー辞書への単語登録により、翻訳結果が次のように変化します。


【ユーザー辞書登録後の翻訳結果】

「投げ縄の一端に作った丸い輪乗るアシスト
CESの世界デビューでは、ホンダはRiding Assist技術を公開しました。
(それは、オートバイが静止している間、倒れる可能性を大いに減少させる
自動バランス制御型のオートバイを創作するためにホンダのロボット
技術を活用します)。」


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてください。

http://www.aptransways.net/APF.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「投げ縄の一端に作った丸い輪乗るアシスト
ホンダは、Riding Assist技術をCESの世界デビューで公開した。(それは、
ホンダのロボット技術を活用して、オートバイが静止している間、倒れる
可能性を大幅に低減する自動バランス制御型のオートバイを開発・製造
する)。」(である調/だする調の場合)

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「ホンダのRiding Assist技術
ホンダは、Riding Assistという技術をCESの世界デビューで発表した。
この技術にはホンダのロボット技術を活用しており、オートバイが
静止している間でも倒れる可能性を大幅に低減する、自動バランス制御型の
オートバイの開発・製造が可能になる。」

まず第 1 文の見出しですが、"honda" という英単語に「投げ縄の一端に
作った丸い輪」という意味があることを、筆者も初めて知りました。

もちろんここでの意味は「ホンダ」という企業名が正しいので、
カタカナの「ホンダ」という表記で学習させたり、ユーザー辞書に登録
してみたのですが、どういうわけか見出しだけは訳出文に反映されません。

原因はよくわからないのですが、うまく訳せないのは第 1 文の
見出しだけなので、これについてはさっさと諦めて手動で手直しする
ことにしました。


あともう 1 つ、動詞の "unveil" を「発表する」というサ変動詞で
ユーザー辞書に登録したところ、訳出文の構造が大きく変化してかえって
わかりづらい日本語になってしまったので、辞書登録を取り消して元に
戻しました。


第 2 文は少し長めの英文なので、和訳文では複数の文に分割した方が
わかりやすくなるはずです。今回使用したF社製の翻訳ソフトも
関係代名詞 "which" の直前で和訳文を切ってくれているので助かります。

この第 2 文は結局、2 つの文に分割する形で修正したのですが、他にも
3 つの文に分割するとか、もう少し大胆な意訳にするなど、よりわかり
やすい日本語にするための修正方法は他にもいろいろ考えられるかと
思います。


この Riding Assist 技術を紹介した動画を、この下の「編集後記」に
記載しますので、視聴してみてください。なかなか面白いです。


--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。


□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

ホンダの "Riding Assist" 技術がオートバイ利用者にとってどれだけ
便利な技術なのか、バイクに乗らない筆者にはまだよくわからない
のですが、以下の動画を見ると、これまでのオートバイとはまったく
異なったバイクの利用方法が現れてきそうな気もします。

特に、歩いているユーザーの後ろをまるでペットのように着いて来る
バイクなんて、初めて見ました。

Honda Riding Assist の動画
https://www.youtube.com/watch?v=VH60-R8MOKo
https://www.youtube.com/watch?v=Yy_pjMimTSs


次回は、2月上旬から中旬の間のどこかで配信する予定です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.293
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「本格翻訳9 ダウンロード版」 ¥2,318
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01DBK86MY/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「クラウド翻訳ツール YarakuZen(無料プランあります!)」
http://www.aptransways.net/sc/s/TrJsA/
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.292  2016.12.24   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は IT 関係の技術文で、コンピューターやソフトウェアの
マニュアルなどで見かけそうな例文です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

The ABC routine is used to determine the identification of the
host processor on which a specific job is running.

【目標訳】

ABCルーチンは、特定のジョブを実行しているホストプロセッサの
識別情報を判定するために使われます。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(N社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「ABCルーチンは、具体的な仕事が動いているホストプロセッサの識別を
決定するために使われます。」


∇∇∇

訳語の問題を解消するために、以下の単語をユーザー辞書に登録します。

determine    (動詞)  判定する
identification (名詞)  識別情報
specific    (形容詞) 特定の (形容動詞「特定だ」で登録)
job       (名詞)  ジョブ

ユーザー辞書への単語登録により、翻訳結果が次のように変化します。


【ユーザー辞書登録後の翻訳結果】

「ABCルーチンは、特定のジョブが動いているホストプロセッサの
識別情報を判定するために使われます。」


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてみてください。

http://www.aptransways.net/APN.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「ABCルーチンは、特定のジョブが動いている(~ジョブを実行している)
ホストプロセッサの識別情報を判定するために使われます。」

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「ABCルーチンは、特定のジョブを実行しているホストプロセッサの
識別情報を判定するために使われます。」

初期設定での翻訳結果では IT 分野で使われることの多い訳語が
考慮されていませんので、一見して何を言っているのか理解に苦しむ
訳出文になることも多いのですが、それらの訳語を適訳語に
置き換えるだけで一気に本来の意味を推測しやすくなります。

今回の例文も、IT 分野ならではの訳語に置き換えるだけで言いたいことが
ほぼ伝わるようになる一例と言えそうです。

置き換えられた訳語は、「具体的な仕事 → 特定のジョブ」や
「~の識別を決定 → ~の識別情報を判定」などです。


あと、動詞の "run" (running) については、技術者間の会話(口語表現)
であれば「~が動く」や「~が動いている」という表現でも
まったく問題ないわけですが、もう少しフォーマルな表現にしなければ
ならないマニュアル上では、「~を実行している」という表現を使うのが
一般的なので、リライトツールによってこの表現を補足するようにして
おきました。

--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。
--------------------------------------------
(注) 高額な翻訳ソフトが装備する翻訳メモリー機能(ファジーマッチ
機能)や、変数指定型例文登録機能(パターンマッチ機能)などを使用し
て翻訳結果をチューニングする方法もありますが、このメールマガジン
では、あくまでも翻訳エンジンとユーザー辞書を使用した翻訳方法に限定
した場合に、どこまでできるかをテーマとしたいと思います。
--------------------------------------------


□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

あっという間に今年もあと 1 週間となりました。この号が今年最後の
配信になります。今年 1 年間ご購読いただき、ありがとうございました。

11 月以降、このメルマガの配信頻度がかなり不安定になってしまって
いますが、来年はできるだけ早期に配信を安定化させたいと考えています。

こうなった原因は筆者の仕事の環境が 10 月下旬頃に激変し、メルマガや
サイト更新に使える時間が激減したことにあります。

この状況は来年前半も変わらない見込みなので配信ペースがこれまでよりも
低下するのは避けられませんが、新たな条件の中でも時間調整しながら
このメルマガはもうしばらく続けてゆきたいと思っています。

新年 1 回目の配信予定はまだ決まっていませんが、1 月中旬頃の配信を
目標としたいと思います。


読者の皆様もどうぞ良い年をお迎えください。
来年もまたよろしくお願いいたします。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.292
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「The翻訳プロフェッショナル V15」 ¥45,777
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B005IHLNGK/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「クラウド翻訳ツール YarakuZen(無料プランあります!)」
http://www.aptransways.net/sc/s/TrJsA/
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.291  2016.11.25   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は、アメリカの次期大統領が共和党のドナルド・トランプ氏に
決まったことを伝えた報道記事の一部です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

TRUMP WINS PRESIDENCY

U.S. voters have delivered a stunning result for Americans and the
rest of the world. Republican Donald Trump will become the 45th
president of the United States. He'll be the first person with no
political or military background to assume the top post.
--- NHK World 2016/11/10


【目標訳】

大統領選、トランプ氏が勝利

米国の有権者は、米国民と世界が驚くような結果をもたらした。共和党の
ドナルド・トランプ氏が、アメリカの第45代大統領になるだろう。彼は、
政治経験も軍の経歴もなく最高の地位に就任する初めての人物になる。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(T社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「切り札WINS大統領職
米国の投票者は、アメリカ人のための驚くほどの結果およびその他の
世界を伝えました。共和党ドナルド・トランプはアメリカの第45代大統領に
なるでしょう。彼は、トップのポストに就く政治的か軍事の背景を
持たない最初の人になるでしょう。」


∇∇∇

訳語の問題を解消するために、以下の単語をユーザー辞書に登録します。

Trump (名詞)  トランプ(氏)
voter (名詞)  有権者 (←学習機能を使用)

ユーザー辞書への単語登録により、翻訳結果が次のように変化します。


【ユーザー辞書登録後の翻訳結果】

「トランプ(氏)WINS大統領職
米国の有権者は、アメリカ人のための驚くほどの結果およびその他の
世界を伝えました。共和党ドナルド・トランプはアメリカの第45代大統領に
なるでしょう。彼は、トップのポストに就く政治的か軍事の背景を
持たない最初の人になるでしょう。」


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてください。

http://www.aptransways.net/APT.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「トランプ(氏)WINS大統領職
米国の有権者は、アメリカ人(米国民)とその他の世界に驚くような結果を
もたらした。共和党ドナルド・トランプはアメリカの第45代大統領になる
だろう。彼は、政治経験も軍の経歴もなく最高の地位に就任する初めての
人物になるだろう。」(である調/だする調の場合)

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「大統領選、トランプ氏が勝利

米国の有権者は、米国民と世界が驚くような結果をもたらした。共和党の
ドナルド・トランプ氏が、アメリカの第45代大統領になるだろう。彼は、
政治経験も軍の経歴もなく最高の地位に就任する初めての人物になる。」

翻訳ソフトの翻訳結果がわかりにくくなっている原因は 3 つぐらいある
ので、1 つずつチェックしてみます。

まず第 1 文(見出し)ですが、うまく訳せないのはすべての文字が
大文字になっていることが影響しているようです。試しに小文字に
変更してみたところ、「トランプ(氏)は大統領職を勝ち取ります。」と、
少なくとも直訳だけはできるようになりました。


問題は第 2 文にあります。ここでは、動詞 "delivered" 以降の目的語の
部分の係り受けを誤って解釈してしまっています。

こういう場合、ユーザー辞書登録だけで正確に翻訳できるようにするのは
なかなか面倒なので、リライトツールに自動修正機能を追加しました。


3 つ目は第 4 文ですが、この文は少なくとも直訳はできているので、
わかりにくくなっている原因は単語単位の直訳にありそうです。この種の
訳出文は、フレーズ単位でリライトすることでわかりやすい日本語になる
ので、リライトツールによる表現変更や訳出順変更を実行しています。

最後に人間の手で再修正するときは、他にもさまざまな修正案が
考えられるかと思います。


--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。

【翻訳ソフトを持っていない方は......】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今現在、手元に翻訳ソフトを持っていない方は、次の方法を試してみて
ください。

(1) 今回の例文を、以下の無料翻訳サイトで日本語に翻訳させる。

・Fresh eye 翻訳
http://www.fresheye.com/translate/


(2) 翻訳結果(日本語)を、以下のページで自動リライトする。

・T社製翻訳ソフト対応リライトツール(Tバージョン)
http://www.aptransways.net/APT.htm


辞書のチューニングができない分、翻訳結果に問題が残りますが、それで
も少しは翻訳結果が改善するのを確認できると思います。

□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

前回の編集後記にも書いたのですが、やはり、今後はこのメルマガの
配信頻度がかなり不規則になりそうです。

今後の配信間隔はたぶん 2~3 週間に 1 回となり、配信する曜日や
時間帯も不規則になるかと思います。

できるだけ平日に配信したいと思ってはいますが、やむを得ず週末や
祝日の配信になることもあるかもしれません。


つい最近、Google翻訳の翻訳精度が急に良くなったということも
あり(←ニューラル機械翻訳システムという新しい技術の導入による
精度向上)、ルールベースの機械翻訳を対象としているこのメルマガの
存在意義が今後は薄れて行くかもしれませんが、Google翻訳もまだ
完璧ではないので、もう少し続けてみたいと考えています。


次回は、12月上旬から中旬の間のどこかで配信する予定です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.291
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「翻訳ピカイチ V15 for Windows」 ¥27,622
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01KUAIBO6/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「クラウド翻訳ツール YarakuZen(無料プランあります!)」
http://www.aptransways.net/sc/s/TrJsA/
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.290  2016.11.01   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は、会話にも使えそうな比較的短い日常英文です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

It was ten years ago, but I remember it like it was yesterday.


【目標訳】

それはもう10年前のことですが、まるで昨日のことのように
思い出されます。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(C社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「それは10年前でした、しかし、私はそれのような昨日であったのを
思い出します。」


∇∇∇

今回は、ユーザー辞書に登録するほどの訳語の問題はなさそうなので、
ユーザー辞書によるチューニングは行いませんでした。


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてください。

http://www.aptransways.net/APC.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「それは10年前のことでしたが、私はまるで昨日のことのように思い出し
ます。」

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「それはもう10年前のことですが、まるで昨日のことのように思い出され
ます。」

今回の例文は一見して簡単な英文ですが、翻訳ソフトは特に後半部分の
構文をうまく解釈できていないため、意味の通じない訳出文になって
しまっています。

単語単位で直訳しようとする、構文解析型機械翻訳ソフトの悪い癖が
現れている一例と言えるのではないでしょうか。

その悪い癖をカバーして、直訳調の翻訳結果をフレーズ単位でより自然な
日本語に書き直すのが訳出文リライトツールの役割です。

--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。
--------------------------------------------
(注) 高額な翻訳ソフトが装備する翻訳メモリー機能(ファジーマッチ
機能)や、変数指定型例文登録機能(パターンマッチ機能)などを使用し
て翻訳結果をチューニングする方法もありますが、このメールマガジン
では、あくまでも翻訳エンジンとユーザー辞書を使用した翻訳方法に限定
した場合に、どこまでできるかをテーマとしたいと思います。
--------------------------------------------

【翻訳ソフトを持っていない方は......】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今現在、手元に翻訳ソフトを持っていない方は、次の方法を試してみて
ください。

(1) 今回の例文を、以下の無料翻訳サイトで日本語に翻訳させる。

・Yahoo! 翻訳 (by Cross Language)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

・Infoseek マルチ翻訳 (Powered by Cross Language)
http://translation.infoseek.co.jp/


(2) 翻訳結果(日本語)を、以下のページで自動リライトする。

・C社製翻訳ソフト対応リライトツール(Cバージョン)
http://www.aptransways.net/APC.htm


これにより翻訳結果が改善するのを確認できると思います。

□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

メルマガ配信頻度に関するお知らせです。

このメルマガは、ほぼ 2 週間に 1 回のペースで配信しているのですが、
10月に筆者の仕事の環境が大きく変化したため、今後は配信ペースが
これまでよりも不規則になる可能性が出てきました。

できるだけ 2 週間に 1 回配信できるように努力しますが、ひょっと
したら(いや、たぶん)1 週間遅れて 3 週間後に配信するケースが出て
くるような気がします。

前回配信から 2 週間後に配信できない場合には、その 1 週間後ぐらいを
配信目標にしたいと思いますので、ご理解いただけましたら幸いです。


次回は、11月中旬から下旬の間のどこかで配信する予定です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.290
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


── PR ──
 「コリャ英和!一発翻訳 2017 for Win」 ¥7,108
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B01FKP78E0/aptra-22/ref=nosim

 「英辞郎 第九版」 ¥3,024
http://amazon.co.jp/o/ASIN/475742812X/aptra-22/ref=nosim

 「クラウド翻訳ツール YarakuZen(無料プランあります!)」
http://www.aptransways.net/sc/s/TrJsA/
── PR ──

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
   英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!

     No.289  2016.10.19   http://www.aptransways.net/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

バックナンバー → http://www.aptransways.net/mmagtop.htm


読者の皆様、ご購読ありがとうございます。
メルマガ発行者の kawa です。


今回の例文は、今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者が東京工業大学の
大隅良典栄誉教授に決まったことを伝えた報道記事の一部です。


今回の例文とその目標訳
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【例文】

JAPANESE PHYSIOLOGIST HONORED

This year's winner of the Nobel Prize in Physiology or Medicine
has been awarded to a Japanese physiologist. Yoshinori Ohsumi's
experiments with baker's yeast led him to discover how cells
recycle themselves. The process is known as autophagy, a Greek
term meaning "self-eating." --- NHK World 2016/10/04


【目標訳】

日本の生理学者にノーベル賞

今年のノーベル医学・生理学賞は、日本の生理学者に授与された。
大隅良典氏は、パン酵母を使った実験によって、細胞が自身を再生利用
する仕組みを発見した。その仕組みは、ギリシャ語で「自食」を意味する
オートファジー(自食作用)として知られている。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の例文を翻訳ソフト(L社製)の初期設定で翻訳すると、次のような
訳文が出力されました。


【初期設定での翻訳結果】

「名誉を与えられた日本の生理学者
生理学あるいは内科学科でのノーベル賞の今年のウィニングショットは
日本の生理学者に授与されました。パン屋のイースト付きの Yoshinori
オオスミの実験は彼をセルがどのように(彼・それ)ら自身をリサイクル
するか見いだすように仕向けました。ギリシャ語の用語が「自己食事」を
意味するという状態で、プロセスは autophagy として知られています。」


∇∇∇

訳語の問題を解消するために、以下の単語(複合語)を
ユーザー辞書に登録します。

winner      (名詞)  受賞者
Nobel Prize in Physiology or Medicine (名詞)
                ノーベル医学・生理学賞
Yoshinori Ohsumi (名詞)  大隅良典(氏)
baker's yeast   (名詞)  パン酵母
discover     (動詞)  発見する
cell       (名詞)  細胞 (←学習機能を使用)
recycle      (動詞)  再生利用する (←学習機能を使用)
process      (名詞)  過程 (←学習機能を使用)
autophagy     (名詞)  オートファジー(自食作用)
self-eating    (名詞)  自食

ユーザー辞書への単語登録により、翻訳結果が次のように変化します。


【ユーザー辞書登録後の翻訳結果】

「名誉を与えられた日本の生理学者
ノーベル医学・生理学賞の今年の受賞者は日本の生理学者に与えられ
ました。パン酵母と一緒の大隅良典(氏)の実験は彼を細胞が
(彼・それ)ら自身再生利用する方法を発見するように仕向けました。
ギリシャ語の用語が「自食」を意味するという状態で、過程は
オートファジー(自食作用)として知られています。」


∇∇∇

次にこの訳文を、筆者の Web サイトに用意した訳出文リライトツール
(デモ版)を使って書き直してみます。


上記の翻訳結果(訳出文)を以下の URL にあるテキストエリアに貼り付
けて、[リライト実行] ボタンをクリックしてください。

http://www.aptransways.net/APL.htm

すると、訳文が次のように書き直されます。


【訳文の自動リライト結果】

「名誉を与えられた日本の生理学者
今年のノーベル医学・生理学賞は、日本の生理学者に授与された。
大隅良典(氏)は、パン酵母を使った実験によって、細胞が
(彼・それ)ら自身を再生利用する方法を発見した。その過程は、
ギリシャ語で「自食」を意味するオートファジー(自食作用)として
知られている。」(である調/だする調の場合)

最後に、このリライト結果を自分の手で再修正します。


∇∇∇ 修正例

「日本の生理学者にノーベル賞
今年のノーベル医学・生理学賞は、日本の生理学者に授与された。
大隅良典氏は、パン酵母を使った実験によって、細胞が自身を再生利用
する仕組みを発見した。その仕組みは、ギリシャ語で「自食」を意味する
オートファジー(自食作用)として知られている。」

今回の記事例文は、各文の長さが短い上に構文的にもシンプルなので
最初は比較的良好な翻訳結果になるだろうと推測しましたが、
予想に反してかなり奇妙な訳出文が出力されてしまいました。

訳語の問題はしょうがないとしても、第 3 文や第 4 文は文構造から
書き換えないと読める日本語にはなりません。

特に第 3 文は「無生物主語 + led him to + V」(~の実験が彼を
V するように仕向けた)のようなとても英語らしい構造になっているので、
そのまま直訳しても自然な日本語にはなりません。

ユーザー辞書に適訳語を登録しても相変わらず使える日本語になら
ないのは、そこに原因があります。


そこで、次にこの英語寄りの文構造を日本語寄りの文構造に
書き換えるのが、訳出文リライトツールの役割になります。

たとえば第 3 文では、翻訳ソフトの出力が
「A氏の○○実験は彼をBを発見するように仕向けた」となってる
ところを、「A氏は、○○実験によってBを発見した」のように
リライトさせることで、日本語がよりわかりやすくなるわけです。


--------------------------------------------
※ 訳出文リライトツールには多少の柔軟性と汎用性を持たせて
ありますので、試しに名詞や動詞などを別の単語に変更してみると
どうなるか、遊んでみてください。

□―――――――□
  編集後記
□―――――――□

この数年、日本人研究者によるノーベル賞受賞が続いていたので今年は
どうだろうと思っていたら、また嬉しいニュースが伝わってきました。

世界から見た日本の大学ランキングは右肩下がりで下降していると
聞いたことがありますが、自然科学分野での日本の基礎研究はまだまだ
すごいのでしょうね。


次回は、10月28日(金)から 11月4日(金)の間のどこかで配信する予定
です。


↓ 英日・日英翻訳ソフトに関するクリックアンケートの最新状況!
http://www.aptransways.net/qnaire.htm


―――――――<このメールマガジンについて>―――――――――――
このメールマガジンでは、毎回さまざまな英文を翻訳ソフトに翻訳させて、
ユーザー辞書のチューニングや自作ツールによって翻訳品質が大幅に改善
する事例を紹介しています。例文は、一般文、時事英文(ニュース記事)、
技術文(IT 分野を中心とした理科系全般)など、さまざまな分野の英文
から選んでいます。

ご意見・ご感想・ご要望は → kawa@aptransways.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
英日翻訳ソフト = チューニングすればこんなに良くなる!  No.289
発行者: kawa
サイト: http://www.aptransways.net/
バックナンバー: http://www.aptransways.net/mmagtop.htm
RSS フィード: http://www.aptransways.net/mmagbn/atom.xml
Twitter: http://twitter.com/kawa57
発行システム: 『まぐまぐ!』『Melma!』『独自配信』
配信解除: 以下のアドレスから読者様ご自身でお願いいたします。

○まぐまぐ(ID:0000185648)
  http://www.mag2.com/m/0000185648.html
○Melma!(ID:150733)
  http://www.melma.com/backnumber_150733/
○独自配信の方は、このメルマガに対して「配信解除希望」という件名の
 空メールを返信していただければ、配信を停止いたします。

無断転載禁止ですが、メール転送は OK です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞